デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

映画

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『空の青さを知る人よ』

10/11公開『空の青さを知る人よ』の感想です。予告編を映画館で何度か観て、楽しみにしていた作品の一つ。ネタバレはあり。ストーリーを詳細に書いたりはしませんが、観た人には分かる体裁かと思います。予告編を観たのもあって、スタッフ等の名前は知ってい…

『ガールズ&パンツァー最終章 4D~第1話+第2話~』4DX上映の感想

10/11から上映の『ガールズ&パンツァー最終章 4D~第1話+第2話~』を観てきました。4DX形式です。第1話公開時から予告されていたので、ひょっとしたらこの上映形式まで『最終章』の鑑賞を控えていたファンもいるのではないでしょうか。単話の公開が延びれ…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『BLACKFOX』

今年重点的に観ているアニメ映画で、10/5公開『BLACKFOX』の感想です。一応ネタバレはあり。特にあらすじを事細かに紹介したりはしませんが、既に作品を鑑賞した人向きです。予告編を映画館で何度か観て、鑑賞することに。予告を観る限りでは、家族の因縁に…

映画『ジョーカー』に寄せて

10/4公開『ジョーカー』の感想です。ネタバレありです。ただ時期も踏まえ、詳細なあらすじ紹介やストーリーの核心に触れたりはしていません。観た人がわかる程度の内容に留めたいと思います。事前情報、知識としては映画『バットマン』(1989)以降の『バッ…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『HELLO WORLD』

今年は注目のアニメ映画が多いのですが、早々に観てきたので感想を。特にストーリーなどは詳細に書きませんが、一応ネタバレありです。予告編を映画館で何度か観た以外、特に事前情報無しで鑑賞しました。公式サイトすらロクにチェックせず。※画像をタッチ・…

鑑賞前に知ってしまった情報に寄せて

悪あがきしてもしょうがないのは分かっている。このご時世、ひとつの作品に対してありとあらゆるところから情報が入ってくる。それでもまだ見知らぬ、公開・発表されたばかりの作品については、鑑賞前に「それは知りたくなかった」という話題にぶつかってし…

いつの間にか音楽が聞こえていることに寄せて

休みが明けた次の日、仕事に行こうと駅に向かう。休み明けの気だるさと、それでも時間通り電車に乗らなければならないせせこましさ。そこに暑さで吹き出た汗を拭いながら、いつも通り抜ける商店街を急いでいると、音楽がかすかに聞こえてきた。おそらく有名…

映画『ロケットマン』に寄せて

8/23公開の映画、『ロケットマン』を観てきたので感想と紹介を。ネタバレありです。といってもいつも通り、あらすじ紹介やいきなりストーリーの核心に触れたりせず、観た人が「ああ、あのことね」とわかる程度の内容に留めたいと思います。事前知識ほぼなし…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話 Dolby Atmos上映の感想(池袋グランドシネマサンシャイン)

昨日から上映開始されている、『ガールズ&パンツァー最終章』第2話のDolby Atmos(ドルビーアトモス)上映を観てきました。場所は池袋のグランドシネマサンシャイン。Dolby Atmos上映のガルパンは初めて。グランドシネマサンシャインの上映期間は~8/22まで…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話 DTS:X上映の感想(池袋グランドシネマサンシャイン)

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話のDTS:X上映を観てきました。本日からDolby Atmos、DTS:X上映開始です。第1話からすでに両形式で上映していたので、遅ればせながら。場所は池袋のグランドシネマサンシャイン。DTS:X上映は上映館が極めて少ないのですが…

アーティストにあって欲しいもの 『フレディ・マーキュリー ~孤独な道化~』

流行は遅ればせながら、くらいが実は楽しいと思っている。後からついていって、ああ一時の喧騒だったのね、となるか、やっぱりこいつは本物だ、と再認識するか。そんな楽しみ方もむしろ”今どき”なのではないか。ましてネットの存在は、大勢で共感・共有する…

映画音楽雑感 武満徹 映画エッセイ集『映像から音を削る』

話題の映画を観に行ったら、疲れてしまった。作品がつまらなかったのではない。疲れてしまうのだ。作品の余韻以上に、何となく頭がガンガンする、体がじっとりとして重い。これはアクション映画に限らないし、今人気の体感重視の上映でなくとも、だ。そんな…

CD『伊福部昭百年紀Vol.6』を聴く

まさか毎年開催される演奏会だとは思わなかった『伊福部昭百年紀』。今年開催された『Vol.7』の人気も根強く、まだまだ今後も期待しています。今月の22日に、そんな演奏会の前年の録音が収録されたCD『伊福部昭百年紀Vol.6』(スリーシェルズ)が発売された…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『天気の子』

「今度はお茶が怖い」。『まんじゅうこわい』という、古典落語のサゲ(オチ)だ。仲間内で怖いものは何か、という話になったときに「まんじゅう」と答えた奴がいたが、実はその人物はまんじゅう嫌いではなく、仲間が持ち寄ったまんじゅうをたらふく食べた挙…

聴いて観て、観て聴いて CD『佐藤勝音楽祭』

久々に、これを楽しみにしていた、というCDが発売された。『佐藤勝音楽祭』(スリーシェルズ)のことである。2017/7/30・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールでのライブ録音。正直お蔵入りの不安がよぎっていた所だった。生粋の映画音楽作曲家、佐藤勝…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話の感想 現時点の総括として

生コマフィルムどうでした? と聞きたくなる公開5週目の『ガールズ&パンツァー最終章』第2話。お気に入りのキャラ祈願か、戦車の画か、⋯真っ暗なコマじゃなけりゃいいのか。今話の後半は特に、ね。ちなみに私はARL44の砲口アップから、睨むような安藤の顔で…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『きみと、波にのれたら』

七夕にうってつけの映画を観てきたので感想です。今日が七夕だったことに気がついたのは観てからです。そうだ、ジメッとした季節に爽やかな色調なのも気になった理由です。観た人にはわかる程度の軽度なネタバレを含みます。今年はこれから注目の作品が順次…

ゴジラ可愛い! 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に寄せて

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきました。割と今更かな。2D字幕。もう3Dは疲れちゃうので。2Dでもクタクタになったけど。観比べなんて、とてもする気がしない。そして書いている内容に大して趣向は凝らしていないくせに、ちょっと阿漕な記…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『センコロール コネクト』

今年は特にアニメ映画に注目している。公開前から既に期待が高まっている作品も少なくない。そんなわけで観てきた作品の感想を。別メディアの原作はなさそうなオリジナル作品。スタッフ・キャストは全く知らないわけではないが、特に思い入れはなし。前知識…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話雑談:第2話ココが見所・良かった所

公開までだいぶ時間がかかりましたが、第1話並に動員数も順調らしい『ガールズ&パンツァー最終章』第2話。公開第3週となり、公式サイトで情報が色々と公開されたので、ここらで所謂ネタバレありの雑談・感想追加といきましょう。BC自由学園との試合結果は?…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話 極上爆音上映の感想

本日公開2周目を迎えたが、今週は立川シネマシティで『ガールズ&パンツァー最終章』第2話【極上爆音上映】(シネマ・ツー:a studio)を観てきた。連日やたら予約が埋まっている平日の夜。過去にもガルパンの<極上爆音上映>は体感しており、第1話も以下の…

ゴジラは「気持ちがいい」 ゴジラ俳優・中島春雄の語る『ゴジラ』

サントリーのコーヒーBOSSのCMで、ゴジラとある人物がクローズアップされている。遅まきながらその話題をしたい。ある人物とは、初代『ゴジラ』からゴジラシリーズ、そして数多くの怪獣を演じてきた俳優・中島春雄のことである。CMでは同氏を顔の映らない”主…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『海獣の子供』

実は今怪獣の映画も話題になっていて、個人的な趣味嗜好とブログの方向性からいくとそっちを観て記事にするところなのでしょうが、今回は”海”獣アニメの作品の感想です。大きなネタバレ・あらすじ説明はなしで、どうだったのよ? という内容です。※画像をタ…

『ガールズ&パンツァー最終章』第2話の感想 公開初日に寄せて

本日公開された『ガールズ&パンツァー最終章』第2話を観てきました。場所は”上野”だけど最寄駅は御徒町、TOHOシネマズ上野。第1話から相当待ちました。いやホント、第1話を観た直後のテンションを考えると、ここまで延びたのはやはり惜しい。せめて今話以降…

『ヒーローオーケストラ/チャージマン研!ライブシネマ・コンサートVol.3』に行く

6/9はヒーローオーケストラ(渋谷区文化総合センター大和田 14:00~)を聴きに渋谷に行ってきました。日本人作曲家とその作品に飽くなき探究心と熱意をぶつけ続ける、オーケストラ・トリプティークの演奏会です。場所はいつもの渋谷区文化総合センター大和…

邦画と特撮、アニメに寄せて 映画『バースデー・ワンダーランド』

休みになにか映画でも、ということで観てきたので感想を。幸いストーリーから感想、評判の類まで、事前に何も目や耳に入れず鑑賞することができました。全てをシャットアウトするのが難しいときも多々ありますが、なるべくね。公開直後の作品を観に行ったの…

SpotifyとNMLでクラシック音楽 その13 ジャズとクラシック

今回は親しみやすさを念頭に置いて(置いたつもりで)、”ジャズとクラシック”という話題です。それにしても今だにクラシック音楽趣味を嫌味っぽく卑屈に「高尚」などと評したり、逆に「他人(ひと)とは違う」趣味・教養であると過剰な自負を抱いている向き…

『ウルトラマン誕生』 実相寺昭雄と特撮の夢

特撮に何を求めているのですか、と聞かれたら、なんと答えたらよいのか。ふと考えることがあり、久々に『ウルトラマン誕生』(著:実相寺昭雄 ちくま文庫)を読み直していた。 『ウルトラマン』をはじめとした監督として知られ、特にその独特な演出で名前が…

ゴジラの顔 日本の顔

今の日本でゴジラの「顔」というと、どの顔を思い浮かべるのだろうか。 やはり最近ヒットした映画「シン・ゴジラ」の”第4形態”だろうか。それとも原点として語り継がれる1954年の”初代”だろうか。はたまたTOHOシネマズのシンボルとなっている”平成ゴジラシリ…

SpotifyとNMLでクラシック音楽 その12 一発屋

配信サイトは色んなジャンルの音楽が検索できて、ジャンルの垣根を越えて行き来しやすいからこそ、素晴らしいとは思いませんか(検索の精度はともかく)。これがショップの「〇〇(ジャンル)のコーナー」を物色していると、ある程度ジャンル分けされていて…

スポンサーリンク