デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー最終章』第3話の感想 Blu-ray発売に寄せて

12/24に『ガールズ&パンツァー最終章』第3話OVAのBlu-rayが発売されたので感想です。セル配信も同時で、レンタル配信はまだ。公開からディスク発売が年を跨ぐより心証はよいです。

継続戦の本番前に

さんざこんなヤツ出るだろ、いるだろと話題になり続けた新キャラを引っさげて継続高校が準決勝の相手です。『劇場版』の頃から人気の高い学校だったようなので、軽めに元ネタを楽しむアイテムを並べるだけにします。本番どころか第4話であっさり決着だったら? それはそれで面白いじゃないの。大洗女子敗退でね。『最終章』後半が俄然楽しみになりそう。私もしつこいな。

※『カレワラ』にはカンテレに纏わる話が出てきます。準決勝試合後はカンテレの演奏会か、誰かの涙か。

映像特典について

まず戦車講座について。おーいその戦車を紹介するなら本編で出してよ、と言いたくなりました。浜名湖に眠る虎の子。

それにしてもTV版、『劇場版』の過去映像を観ると作品の進化をつくづく感じます。当時これでも十分クオリティが高いと思っていた映像がチャチに見えます。ただ、この点を制作スタッフに感謝する一方で、私が「面白かったな」と思い出すカットや演出はTV版、アンツィオOVAなのだなあ。新しくなるにつれて、戦車戦の見せ場が映像のスピード感一辺倒になりつつあるのが残念です。

今回のスタッフコメンタリーは第4話以降の話題が結構出てくるので、アレコレ展開予想をしたい向き、公開まで予告編を観ない向きは聞かない方がよいかもしれません。サラッと「4話(今後)はこうなる」、みたいな話をしちゃっています。それ以外の話については、正直「そういうのは本編でちゃんと表現してよ」という小ネタや設定がチラホラ。例えば優花里の操縦は、もっとわかりやすく荒々しくてよかったかな。それからやはり、みほ(あんこうチーム)関係は「何気ないように見えるけど実は凄いんだよ、ほらここの判断は、対応は」という話が耳につきます。さすがにこういう描写や(本編外とはいえ)フォローが続くと、超人ぶりとご都合感で冷めてくる。何かこう、人間味を加えた方が人物とドラマ両方に新鮮さと意外性をもたらして良いように私は思います。素人の妄言でしょうかね。


映像特典OVAの内容は残念ですが期待外れ。はあ、この世界観を広げるんですか、こういうのを見せたいのかあ、というところ。さすがに戦車道ありきの世界に興味を抱いてこの作品を観たわけで、「もう、こっち(制作側)が何やってもついてくるだろう」とまで思われるのはね。箸休めのつもりなのかもしれませんが、本編公開にこれだけ間隔が空いたら箸休めも何もあったものではないです。

もはやあんこうチームの面々がいつの間にか馬を乗りこなしたってツッコミませんよ。そりゃ、あの身体能力と動体視力ならね。『最終章』第1話前半もそんな感じでしたし。今更手間取られても困る。もしかして第4話以降、馬が登場するのかしら。

あと褐色キャラに何か思い入れがあるのでしょうか。私にはいつものハンコ顔、という印象以上何もありませんでしたが⋯。実は自動車部やお銀だった、というわけでもなく。

ただEDのノリは好きか嫌いかでいうと、好きですね。ガルパンは歌の親和性が高いので、もっと劇中で歌うか、ミュージカルやっていいですよ。人が集まるのはまだまだ厳しいのでしょうが、キャストも人数含め揃ってますから。他作品の話題で目にしましたが、ガルパンでこそやるべきでは。サンダースなんて歌いまくって欲しいです。と、あっさり本編で片付けられた贔屓の名前を出しながらロバート・ショウ合唱団を聴きつつ。


『ガールズ&パンツァー最終章』第3話の感想補足

第3話の感想や今後については既に下記リンクで書いており、今回は簡単に。

今回改めて、作中で車輌や試合会場の位置関係を示す画、あるいは俯瞰する画が目立ちました。後半の継続戦は位置関係が伏線になるのかまだわかりませんが、知波単戦は映像的魅力としてもあまり寄与していなかったように思います。例えば私の好きな「停車射撃で一点照準!」の場面も一斉射撃のカットは俯瞰になりますが、果たして入れる必要あったのかと今だ疑問です。この辺りが、第3話が何となく冴えなく映る要因の一つではないでしょうか。


今後も戦車戦中心で話が進んでいくようなので、まさかその魅力まで減退するとはハナから考えたくないものの⋯どうなるか早く第4話が観たいです。

スポンサーリンク