デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『マイト・アンド・マジック ダークサイドオブジーン』序盤から中盤位までの攻略とヒント その1

海外RPG『マイト・アンド・マジック』シリーズの5作目、『ダークサイドオブジーン(以下DOX)』(DOS/V他PC-98、TOWNS)の簡単な攻略記事 その1です。前回はこちら:

今回はスタートの町キャッスルビューから出て、周辺の野外をウロチョロするにあたっての記事です。

※現在『6』まで含むパックがGOGで売られているので(英語版)、気になったら是非是非。
www.gog.com

まずはキャッスルビューの南と北の一部から

さあ町を出たら東に行くも西に行くも自由な本作ではありますが、無難にキャッスルビューの南方面、そして北側「西の塔」周辺から探索していきましょう。アイキャッチにも使ってますが、画像は当時ソフトに添付されていた地図。地図の南側は序盤らしく、お金やアイテムをゲットできるポイントもあります。ここから当面は東へ東へ進むことになるでしょう。ひとしきり探索したら、次は妖精の森でトロール退治です。

f:id:m-ranenkei:20200718210618j:plain

能力アップポイントを活用する

キャッスルビューを出て野外の戦闘でまず驚くのは、敵の強さではないでしょうか。町でソコソコレベルを上げたはずなのに、武器攻撃が思ったより効かないのです。川の中・対岸から弓矢や魔法で攻撃しても時間がかかってしまう。見た目そんな強そうな敵でもないので、余計焦ります。

※対岸や川の中から攻撃しても、弓矢でなかなかダメージを与えられない。
f:id:m-ranenkei:20200718211011j:plain

そこで一時的でも、能力アップの井戸や聖堂は活用します。特に西の塔そばの「呪文の井戸」。ここでスペルポイントを増やしておかないと正直安心して冒険ができません。
f:id:m-ranenkei:20200718210729j:plain

ついでに近くにある聖堂でレベルも上げておけたら最高です。遠回りして一日が明けてしまわないように。
f:id:m-ranenkei:20200718210842j:plain

西の塔は、後回しでも⋯

何も知らずにキャッスルビュー周辺を探索していてつい引き受けてしまうであろう、「西の塔」のクエスト。結論から書くと、このクエスト(塔)は序盤で攻略できなくても気にすることはありません。後々攻略できれば十分です。その理由と攻略法を簡単に。

まず、鍵を手に入れるためにスカイ・ロード、空の道から塔に侵入しなければなりません。追い剥ぎは出現場所が決まっているので、憶えておいてジャンプで回避しましょう。これはそこまで難しくないと思います。

ただ、ついゲーム序盤で塔に入ってしまった、このときがキツい。何せモークの僧侶がメチャクチャ強い。素早い上に電気系の魔法攻撃(しかも全体魔法・遠距離攻撃アリ)でヒットポイントはガンガン削っていくわ、装備は壊れるわで厄介です。その上大体3人一組でいるから攻撃が止まない。私も全滅、メンバー死亡からの退却・リセットを繰り返しました。キャッスルビューから野外に出たばかりのメンバーではまず敵いません。普通に戦うと、レベル20後半くらいからやっと互角程度かな、という印象です。それでもうっかりしているとやられます。他の塔の敵はそれほどでもないのに、西の塔だけやたら手強いのです。

※一人だけ相手にすればいいと思ったら、見えてる見えてる後ろに⋯
f:id:m-ranenkei:20200718210810j:plain

まあキャッスルビューの訓練所レベルアップ上限が30なので、そのくらい上げておいてね、ということなのでしょうか。ちなみに攻略法としては、追々レベルを上げてから、1フロアずつ攻略していくとよいでしょう。フロア毎にヒットポイント・スペルポイント、装備も万全で挑みましょう。普通に遊ぶと多分そうなるかと思います。

そうそう、最上階にはボスキャラがいますが、これは書いておきましょう。全然手強くありません。それはなぜか。鍵つき扉の部屋にいるからです。そう、度々紹介している前作・本作の必勝法「鍵つき扉を開閉して攻撃」テクニックが使えます。扉を開けたら弓矢や魔法攻撃、すぐ閉めてまた開けて攻撃⋯時間はかかりますが、まともに相手したら強いとわかっている敵に、まともにぶつかる必要はなし。もちろんガチンコで戦いたいのなら、私は止めませんよ。ご自由に。

※ありがとう、鍵つき扉。魔法も通さないゲーム最強の扉。ボスの最後がマヌケなのはご愛嬌ということで。
f:id:m-ranenkei:20200718210753j:plain


次回はキャッスルビューから北側や更に東、妖精の森の話を一応予定。それではまたいつか。

スポンサーリンク