デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

生誕110周年・ショスタコーヴィチ交響曲全集を聴く 第12回 交響曲第12番

新生メロディアがショスタコーヴィチの生誕”110”周年を記念して発売した交響曲全集ボックス(10枚組 MEL CD 10 02431)から、今回は交響曲第12番の話です。このボックスは、現在音楽配信サイトSpotifyでも無料配信されています。既にCDが手に入れにくくなっている様子なので、まずは配信サービスの利用がオススメです。

Shostakovich: All Symphonies

Shostakovich: All Symphonies

open.spotify.com

・序のリンクはコチラ
・第1回・交響曲第1番のリンクはコチラ
・第2回・交響曲第2番のリンクはコチラ
・第3回・交響曲第3番のリンクはコチラ
・第4回・交響曲第4番のリンクはコチラ
・第5回・交響曲第5番のリンクはコチラ
・第6回・交響曲第6番のリンクはコチラ
・第7回・交響曲第7番のリンクはコチラ
・第8回・交響曲第8番のリンクはコチラ
・第9回・交響曲第9番のリンクはコチラ
・第10回・交響曲第10番のリンクはコチラ
・第11回・交響曲第11番のリンクはコチラ
・第12回・交響曲第12番は今回の記事です。
・第13回・交響曲第13番のリンクはコチラ
・第14回・交響曲第14番のリンクはコチラ
・第15回・交響曲第15番のリンクはコチラ

10番のような賛否両論はない。11番ほど「革命歌メドレー」でもない。だが、10番、11番を経てたどり着いたショスタコーヴィチの”音楽絵巻”は如何に、そう考えると興味が湧く曲だ。実際のところ、かなり演奏会映え・ライブ映えする曲ではないか。以前この曲を演奏会で聴いて以来、その思いを強くしている。そういえば最近、演奏会での登場頻度も少し上がった気がするが、皆12番の魅力に気がついたのか。そんなファンの欲目で妄想するのはこのくらいにしておく。

上記リンク先でも書いたが、12番の聴きどころがイマイチつかめない向きには、ぜひ演奏会で味わうことをオススメしたい。体感すると、その全貌がよくわかる。このあとは再び、力をつけたショスタコーヴィチの声楽を伴う交響曲が待っている。今回はショスタコーヴィチの語る、ウォッカの嗜みを引用して締めておこう。一度入ったショスタコーヴィチの世界も、とことん浸りたいものだ。

「外国の瓶がコルク栓なのは、何日もかけてちびちびと楽しむからだ。それにひきかえ、我々のウォッカの半リットル瓶なんかは、開けたら最後、栓をする必要なんかないからね。」

(『わが父ショスタコーヴィチ』 音楽之友社 P.142)



記念ボックスにはコンドラシン指揮モスクワ・フィルの演奏を収録。例えば第13番以降の指揮者・団体は「あーこのコンビね」という音源が収録されているのだが、ここでコンドラシンとは。ムラヴィンスキーは意図的に外しているのか。

その演奏だが、あまり冴えない。ブラスも散漫で、タイム以上にせかせかした演奏に感じる。コンドラシンが10番くらいまでの演奏で見せたスタイルが、どうもしっくりこないのだ。11番、12番は、やはり歌心がもう少し欲しい。

余談だが、同じくコンドラシンの指揮した11番も腑抜けた演奏だったりする。まとまりのないオケの音色は、まさに全集のためだけに演奏しました感アリアリ。初めて聴いたときは「ショスタコーヴィチでコンドラシンがこんな指揮するんだ」と驚いた。


ムラヴィンスキーが晩年までこの曲を演奏会で採り上げていたのは、やはり演奏効果を熟知していたのかな、みたいなことを残された録音を聴いて思う。『Evgeny Mravinsky Edition Vol. 4』(Profil)に収録のライブ(61年)はいつもの快速テンポと透徹感ではなく、朗々とした歌い上げがクセになる。Spotify配信有。

Evgeny Mravinsky Edition Vol. 4

Evgeny Mravinsky Edition Vol. 4

そして同時期のスタジオ録音(BMG他)も良い。こちらはスタジオ録音なのにこのテンションの高さ、という演奏。それなりにステレオ感はあるステレオ収録。いやはや、この時期このくらいの録音で、5~11番をスタジオ録音して欲しかった。

ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」、オラトリオ「森の歌」

ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」、オラトリオ「森の歌」

  • アーティスト: レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団,国立アカデミー・ロシア合唱団,ペトロフ(イワン),キリチェフスキー(ビタリー),ショスタコーヴィチ,ムラビンスキー(エフゲニ),ソビエト国立交響楽団
  • 出版社/メーカー: BMGビクター
  • 発売日: 1997/04/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る


一時期人気のあったプレートルがフィルハーモニア管を指揮した録音(EMI タワーレコード限定)は、ちょっと芝居がかり過ぎな印象。12番はこの辺のさじ加減が難しくて、歌わせすぎたり、整然としすぎると、途端に飽きがきてしまう。

チャイコフスキー:交響曲第5番; ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」, 他

チャイコフスキー:交響曲第5番; ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」, 他


トータルでみたときにポイント高い演奏ならば、ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団(ARTE NOVA)が聴ける。ギーレンがベートーヴェンの交響曲を指揮したときに見せる、明瞭で鳴りの良いオケ、そして意外と熱い、そんな魅力がここにある。

Shostakovich: Symphony No.12 / Concerto for Piano, Trumpet and Orchestra

Shostakovich: Symphony No.12 / Concerto for Piano, Trumpet and Orchestra

  • アーティスト: Dmitry Shostakovich,Michael Gielen,Oswald Sallaberger,South West German Radio Symphony Orchestra,Jitka Čechová
  • 出版社/メーカー: Arte Nova Records
  • 発売日: 1999/03/18
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る


LPでしか聴けないと思っていた音源が配信・CD化されているのを今更見つけると、店頭で漁っているだけじゃイカンと今だに反省してしまう。ルスラン・ライチェフ指揮ブルガリア国立放送交響楽団の演奏(Balkanton)。LPの収録そのままに復刻したのか、第1・第2楽章、第3・第4楽章の2トラック。冷静な運びと金切り声みたいな響きのブラスの対比が、妙に味わい深い。

Dmitri Shostakovich: Symphony No. 12 in D Minor, Op. 112

Dmitri Shostakovich: Symphony No. 12 in D Minor, Op. 112

  • アーティスト: Bulgarian National Radio Symphony Orchestra; Ruslan Raichev
  • 出版社/メーカー: Balkanton
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る


次回は交響曲第13番を。

スポンサーリンク