デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

吉川英治と吉田松陰

最近、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の評判が良くないとニュースで見かける。その度に、吉川英治の『われ以外みなわが師』というエッセイ集を思い出している。この本の「僕の歴史小説観」というエッセイで、吉田松陰の小説をなぜ書かないのか、という話をしていて興味深い。

詳細は読んでもらいたいので省くが、吉川英治吉田松陰評を読む限りでは、「吉川英治が書かないって言うくらいだから、こりゃあ吉田松陰ネタは難しいよな」という感じなのだ。ちなみにこのエッセイで、小説を書きたい時代・人物の話もしているのだが、これを読むと大河にしろ映画にしろ、まだまだ歴史ネタって残っているじゃないか、と世の物書き諸氏に言いたくなる。この本は他のエッセイも面白いのでまたネタにしようと思う。もともと古めの本なので、そのうち青空文庫になりそうかな。

スポンサーリンク