デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

水玉螢之丞さんとゲームとPC雑誌のこと少し

水玉螢之丞さんの訃報を聞いて、この2週間くらい、PC-98時代からある古いゲームを引っ張りだして遊んだりしていた。

イラストレーター・水玉螢之丞さんが死去
YOMIURI ONLINE 2014/12/16)

PC雑誌EYE-COM(アイコン)の「こんなもんいかがっすかぁ」が懐かしい。超LSEyeComの「こんなもんいかがっわしぃ」(火ノ玉蝉之丞)のコンボも笑った。水玉さんの絵をみると、「パソコン・ゲームの世界に自分の趣味が切り替わっている」気がした。今はなかなかそんな気分になる瞬間がなくなった。ログインでも表紙か挿絵をやっていたかな。
読売新聞の日曜版に連載されていたゲーム紹介記事のタイトルが思い出せん。検索してもすぐ出てこないのね。一度記事を切り抜いたのだがな〜。どこいったかなあ*1。その連載にはPCゲームも紹介されていて、確か『46億年物語』のPC-98版が紹介されていたと思う。記事を読んでいて、「お、98のゲームも取り上げるのか」と思った記憶がある。記憶違いだったらスンマセン。

ゲーム記事に載っていた水玉さんのイラストや挿絵には、よくカップルがPCやテレビの画面に向かって、一言二言ゲームのネタを喋っているもの(もしくは水玉さんのコメントが添えられていたもの)が多かった印象がある。いやぁ、正直な所、当時はカップルで(パソコン)ゲームやってて、かつ会話してる姿なんて、夢の世界にしか見えなかった。ええ、PC-98で一人シコシコ光栄の歴史SLGやってましたから*2。そんなことをこのクリスマスは思いました。それにしても、そういう時代が到来したのに、あのイラストがもう見られないとは、残念です。
最近だと『まおゆう』のキャラクター原案ですか。個人的にはSOFCOMの「オウビィ」シリーズだなあ。思い出すだけでゲームのプレイ欲が溢れてくるなあ。

*1:余談ですが、超LSEYE・COMの誤変換ネタが新聞記事になった時の切り抜きもあって、いつかネタにしてやろうとわざわざ上京した時に持ってきたのだが、それも行方不明。むむぅ。節句寿司鯛。

*2:まあ『三國志』なんか、当時からマルチプレイもできますけどね、一応。彼女と遊ぶなんて発想自体ないわな。

スポンサーリンク