デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー』第12話(MX) 感想


オールナイト上映で観たのに、何でこんなに楽しみにしているんだ、ということで『ガルパン』最終話をMXにて視聴。
ほぼ全編を戦車戦に費やした最終12話。全話中最高の面白さだった*1。戦車のバトルのリアルさが、とかそういうことではないのだ。オールナイト上映後の率直な感想は昨日の記事にしたが、今日改めて視聴してもその気持ちは変わらなかった。戦車の動きも戦い方も、その魅せ方も本当に面白かった。アニメを観ることが楽しい、と純粋に思った。
王道のお話はまだまだ求められているし、まだまだ作品としての魅力になることを再認識した。友達(仲間)がお互いに信頼し合って、挑戦して、最善を尽くして、成長して、最高の高みに達する。なんて素晴らしい。
あんこうチームの駆る4号はまだまだ進化するのでしょうか。いまだかつて見たことがない戦車の一騎打ちでしたが、私はロボの格闘より好きだわ*2
まほ姉ちゃんの駆るティーガーもさすがに凄かった*3。となると黒森峰はやっぱり錬度が・・・、というのは無粋だな、うん。ただ正直、「お姉ちゃん形無し」の状況は、チト気になる。エリカは、それでも西住まほ信者で良いのか。あとで造反したりして・・・した方が面白いキャラだと思うけど・・・、ないか。

ああ、しかし、お話に文句はないが、歴女チームが前話でリタイアしたのが惜しい! 3突&歴女は全編通じての戦車戦大功労者だけに、最終話も見せ場があっても・・・! 弁慶役はポルシェティーガーが・・・! ポルシェティーガーも良かったけど! 一年生チームも大暴れで嬉しかったけど! 
バレー部と八九式中戦車には参りました。主砲で敵を倒すだけが、戦車道ではないですからね。でもバレー部復活の目標は、忘れないでね。バレーしているところも見たい。

まだまだ、大洗女子と戦車道の行く末が見たい。大洗はあんこうのようにじっと待っていてくれるかもしれないが、ぜひこの熱が冷めないうちに次の展開を。ディフェンディングチャンピオンが、今度は他校からの挑戦を、大洗で受けて立ってほしい。世界戦より、まだまだ見たくなる世界があると思う。
最終回を迎えたが、全然喪失感がない。むしろ、こんなに心に満ち溢れてくる作品は久しぶり。末永く楽しめる作品に出会えて感謝。
総集編2回は、今回だけ許します。

*1:11話の時点では「うーんBD3巻(5,6話のサンダース戦)の方が・・・」だったのよ、本当に

*2:ロボの格闘・戦闘が食傷気味でもある。

*3:やっぱ指揮する人間によってこの世界の戦車は動きが変わるんだな。

スポンサーリンク