デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『月刊戦車道 別冊 ガルパン入門』の感想・『最終章』雑談

大洗あんこう祭も真っ只中で、来月の公開を控える『ガールズ&パンツァー最終章』の続報も気になるところですが、『ガルパン・ファンブック 月刊戦車道 別冊 ガルパン入門』の感想を今更ながら書いておきたいと思います。”完全無欠のガルパン入門書!”だそうで、TV版の再放送・配信や『劇場版』の再上映に加えて新規のファン開拓を狙った感じの冊子というところでしょうか。ただ『月刊戦車道』自体、情報誌としては後追い記事も多く、むしろコレクターズアイテムとして私などがせっせと買い集めているのが現状という気がしますが・・・。販売再開もされており、感想が役立てば。

ということで『月刊戦車道 別冊 ガルパン入門』の感想です。「物語紹介」・「キャラクター紹介」・「キャストインタビュー」と章立てしていますが、うーん、これはもう既出の書籍を読んだらいいのでは? という内容です。それくらいTV版・OVA・『劇場版』の”うす〜い”紹介に徹しているだけですね。正直新規ファン向けにこの冊子を薦めるかというと、厳しい。この冊子を手にとってもらうことよりも、まずTV版を観てもらって、ハマってもらうのが先決かなあ。毎度のことですが、大洗情報ももちろん載ってます。それすらも既出の情報で十分ですねぇ・・・。読んでいないものを憶測で評価するつもりはないですが、続刊の『マニアックス』の内容も期待薄になってきました。価格は『マニアックス』のほうが安いですからね、それでいて『ガルパン入門』がこの内容では、うーむ。

・『ガールズ&パンツァー 最終章』雑談
今のうちにできること、『最終章』への期待を改めて。本予告はいつものノリのようですが、BC自由学園の戦車は機動力に優れているのですか、そうですか。・・・TV版から『劇場版』まで観た限りだと、どの戦車・学校も機動力に優れているような気がするのは私だけでしょうかね。その辺りの戦車戦の魅せ方は、本予告を観る限り今までとあまり変わらないのかな、という印象。

あとはそうですね、音楽ネタでいうと、フランスですよ。学校の元ネタから時代はズレてしまいますけど、『ワーテルロー』の音楽なんてどうですか。聖グロリアーナをああいう風にやるんだったらナポレオンもOKでしょう。ここでニーノ・ロータ投入ですよ。昨年ようやく国内版DVDも発売されたことですし。『ワーテルロー』は戦闘・映像の迫力も、歴史ファンだけでなく今こそ観てもらいたい作品だなあ。あ、もし音楽が使われることがあったら、ストーリーも”負け”を意識したものになりそうね。ストーリー的に勝敗はどうなんですかね、大洗が勝ち進むだけではそろそろ・・・。『最終章』を楽しみにしたいと思います。

ワーテルロー [DVD]

ワーテルロー [DVD]

WATERLOO

WATERLOO

スポンサーリンク