デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー』劇場版・公開前の愉しみ

ガールズ&パンツァー』劇場版の公開まであと1ヶ月という時期になりました。大体この時期くらいでしょうか、公開予定作品を意識するのは。私は公開日に観たいと思う作品は、公開前1ヶ月前後の時期にソワソワしといて、公開直前頃にゆったりと構えられるようにしています。日にちが近づくにつれ、否が応でもテンションが上がりつつも、ですね。作品を観直したり、情報を整理するのもこのタイミングかな。事前の情報含めて、観る前から突っ込み過ぎずに公開を迎えたいと思ってます。もう延期しないよね?
本編は良いタイミングで再放送していて、有り難かったです。レンタルやインターネット配信もあることですし、本編はここで各自おさらいしておきましょう。23日に映画館で「TVシリーズOVA一挙上映イベント」があり、劇場版最新映像も先行上映するそうですが、まあ新映像は10/30頃の一般公開予定を待てば良いでしょう。これまで劇場で全話観たことない御仁は、大いに堪能して欲しいです。
私が水戸で全話上映(12話先行)を観た時は、ホント感動したなあ。全話一挙は、話が進むにつれて、さすがにクタクタになっていたのですが、ラストはそういった疲れも全部吹っ飛ぶ面白さでした。あれを観た後は勢いで大洗行っちゃいますわ。改めて映画もそういう作品を期待したいですねぇ。
本編を観たら、関連書籍で作品の世界をもう少し楽しんでおく。もっともこれは、マストではない。本編視聴だけでも私は良いと思う。それだけでも十分楽しめる作品なので。というか、それが「作品」として大前提なのですよ。そこで『アハトゥンク・ガールズ&パンツァー』と『コンプリートブック』、この2つを読んで、適度に「設定」を頭の中で整理しておきましょう。内容の充実度では、この2つが飛び抜けていますかね。OVAは、持っていればパンフレットでしょうか。

ちなみに『完全設定資料集』は、正直、好事家アイテムかなぁ、という印象です。台本に興味があればどうぞ、くらいのおすすめです。劇場版を前に、特に確認しなくても大丈夫。気になったら購入でいいでしょう。ハハハ、買ったから言えます。
ガルパンの秘密』はどうですか? コンセプトには惹かれましたが、ちょっと勝ち馬に乗ってますかね。ただ、放送前にあれほど期待できなさそうな野暮ったいPVを流していた作品でも、並大抵のプロジェクトではなかったことは実感できます。作品のヒットについては、やはり水島努監督の話が一番率直で冷静だと思いました。ところで前売券は買いましたか? 私は買いましたよ。第3弾を。発売日当日に。正直第3弾だけバカ売れするんじゃないかと思ったら、そうでもなさそうでした。いやぁ、第1弾・第2弾を買ってもいいんですがねぇ、面白けりゃ購入分全て消化する勢いで何回も観に行きますよ。でも、まだ観ていないですからね、そこまで魂は売らない。そう考えると第3弾一択でしょう。今、特典をチビチビ楽しんでいます。

スポンサーリンク