デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

ダビスタをプレーしたのだが…

先日の日記で、『ダービースタリオンアドバンス』をプレーし始めて、運命が変わって背が伸びて彼女が出来て…じゃなかった。末永く遊びたいと思っていたのだが…
いきなり正直に言ってしまおう。思ったより、面白くなかった。システムや操作性に不満はないし、実際結構楽しんだことは楽しんだのだが…(G1を何勝かしたくらいだけど)。もっと楽しめる要素はあると思うが、そこまでプレーしようという気にならなかった。なぜだろう。
思うに、ゲーム中での馬の血統の積み重ね・ドラマの要素が、私がこれまでプレーした『クラシックロード』や『ウイニングポスト』に比べて薄いからだろう。まあ私の好みともいえるが。ちなみに『クラシックロード』は、牧場経営(馬主)・調教全部できる。なので、調教するのは全然面倒じゃなかったが、血のつながりが薄いのがどうも気になってしまった。ゲームで種付けの時期になって、「あ、この種牡馬ゲーム始めた頃走ってたなぁ。種牡馬になったのか。強い仔が生まれそうだな」なんて呟いてしまったり、逆に「この馬の産駒だけには絶対負けねえ。ウチの血統でブチのめす」みたいな部分が足りなかったのだ。『クラシックロード』の続編が出ていればなあ。
まあこれはアレだ、文句言ってる暇があったら、素直に『ウイニングポスト』やれってことか…。あれ調教できないんだっけ? また情報弱者だ。
ゲームボーイアドバンスは、気楽なゲーム買って遊ぶことにする。

スポンサーリンク