デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー』月刊戦車道感想、他雑談

劇場版の公開日・新情報早くしろやオラァ! というわけで、「2014年公開予定」の定義を考えつつ『ガルパン』の雑談です。11/3は大洗商工感謝祭&ハートフル・ラビット・ファンミーティングでしたが、現地・公式サイトにも大きな発表もなく、まあ再来週の『あんこう祭』にとっておき、という感じなのでしょう。うーん今年はどうしますかね。また映像特典になりそうだし、もうガルパンキャストの面々の顔は他のアニメを観ている時では考えられないくらい見ちゃったし・・・。
基本的にキャスト自体に興味が無いのだが、「ハートフル・ラビット・ファンミーティング」はさんざ迷った挙句行かなくて、チト後悔していたりもする。ウサギさんチームが勢揃いするイベントってやっぱり貴重だったな。歴女(カバさん)チームのイベントには是が非でも行きたいと思う。
・『ねんどろいどぷち ガールズ&パンツァー』発売
まずは待望の「ねんぷち」発売から。やはり華のアホ毛とさおりんの眉はどうしようもならんか。カチューシャが思ったより可愛くない造形なのだな。戦車帽かぶらせても良かったかもしれない。サイズは素晴らしいのでオススメしたいグッズ。戦車の模型(1/35または1/48)と一緒に飾るなら断然この大きさですわ。大洗女子は最低全員発売してください。

・『ガルパン・ファンブック 月刊戦車道 増刊号』第5号の感想
残す所あと1号になった月刊戦車道第5号の感想を簡単に。今月号はなかなか読める(情報に飢えているせいか?)。「戦車講座」は工兵戦車の話。これはガルパンの世界でも活躍の場がありそうです。お話を膨らませることができる車輌でしょう。というか試合で運用している所を観てみたい。
「戦車愛を語る」はカモさんチーム、というかそど子チーム。正直カモさんチームはVITAのゲームで補完した感がある。そういえば、VITAのゲームは出来そのものに加えて発売後の展開が弱かったですな。大本営が『WoT』推しですからね。また『ガルパン』のゲームは作って欲しいものですがね。じっくりと時間かけて製作して、発売と同時に本編の新作発表、なんて頼みますよ〜。
「大洗女子チームの日常」は、沙織と麻子で例の”ハムになる”話です。本編・OVAとも繋がっていて楽しく読める。沙織の周囲は食ってばかりですな。やっぱりそれであの体型か。「メイキングログ」は放映前のプロモーションについて。あまり期待していなかった頃を思い出して感慨深い。「いい加減な、出来の悪い作品なんだろうな」なんて思っていてスイマセン。「料理道」はボルシチ。おいしそうだが、作るのが面倒そうね。

劇場版情報ですが、目新しい情報は、ありません! 強いて言えば、「公開時期未定」になってました。OVAの遅れから考えて、また「海楽フェスタ」の時期に合わせるのかしら。11・12話の時みたいにね。多少キレ気味な感じで、楽しみにしています。

スポンサーリンク