デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

パンのチカラ、略してパンチカ

20年以上前の義務教育で、何故か「朝食はパンよりごはんの方が良い」みたいなプリントが配られてたな。「ごはんだと凄いパワーが出る」みたいな感じで。…プリントをこの意味("資料")で使うのはなんだか懐かしいぞ。
それはともかく、自宅の朝はパンが多かったので「えー?」みたいに思った記憶がある*1。具体的に言うとパンと紅茶ね。あ、コーヒーよりも紅茶派かも。話を広げやすいお題だ*2
そういうわけで、パン派です。自炊をするようになってから、昼・夜もパンを食べることが多くなった。
まあごはんも大好きですが、今どき日本人ならお茶づ、じゃなかったごはんオンリー、というわけでもない。「パン」に関するアンケート(DIMSDRIVE)をみる限り、世の中の人は結構パンを食べている。しかも年齢層が高くなるほどパン食が多いのですな。身近な高齢者を思い出してみても、パンを食べる人が多いなと思っていたが、ちゃんと統計的な根拠あったのね。これ、割と真剣に調査・分析したら良い気がする。

そういえば、私が個人的に注目している将棋棋士加藤一二三九段もパン好きだ。昨年亡くなった作家のやなせたかし先生もパン食で毎朝しっかり、という食生活だった。芸術*3 の分野で長きにわたって活躍する人々に食生活がもたらす効果・影響って、実際どうなのでしょうねぇ。「〜は栄養価が高い」レベルの話だけではなく、スポーツ選手の食生活改善ビフォーアフターみたいな切り口・取り組みもあっていいと思います。

*1:今は栄養のバランスがとれていればどちらでも良いようですな。そりゃそうだ。

*2:面白いかはともかく。

*3:将棋は「知的遊戯」と書こうと思ったが、加藤九段の考えを尊重して、将棋も芸術で括りました。

スポンサーリンク