デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた


今週は天気が良かったので、藤子・F・不二雄ミュージアム公式サイト)に行ってきました*1。朝一番の入場(10:00〜)。客入りもそこそこ。土日はもっと混むのでしょうな。客の年齢層は幅広かったが、20〜40代が目立つ。漫画・TVアニメ直撃世代だとやっぱりその辺りですものね。
展示は「おはなしデンワ」(美術館なんかにある、解説を聴く装置)を受け取って、聴きながら進む。解説ありきで展示物を鑑賞するのは、鑑賞自体までガイドに沿っている気がして、あまり好きではないのだが、展示物の横やら下に解説があって人だかりができるよりはいいか。
展示物で感銘を受けたのは『エスパー魔美』の原画。藤子・F・不二雄作品の女の子はやっぱり良い。『エスパー魔美』は小学生のときに漫画を読んだが、魔美がすごくオトナにみえたなあ。文庫版*2をまた読み直したくなってしまった。
写真は「はらっぱ」にいるパーマンと2号(ブービー)。ポカポカ陽気な日差しに、よくマッチします。ミツ夫はのび太なみに昼寝姿が似合う男ですねえ。

ミュージアム全体に、『ドラえもん』を中心とした児童向け作品にある、優しさ・明るさが溢れていて楽しかった。懐かしさよりも、何だか胸が高鳴る。ミュージアムを一回りした最後にショップがあるのだが、これはズルイ。ここまできたら買い物したくなるじゃないか。ということで前述の『エスパー魔美』の原画ポストカード等を購入。「きれいなジャイアン」グッズが人気のようでした。
不満といえば、カフェの値段がチト高い気がするが、まあしょうがないか。あと、「まんがコーナー」の近くにトイレがあって、なんかちょっと臭う気がした。そんなに長居するところでもないので、目くじら立てるところでもないけど、気になる人は気になるかもしれない。
催し物を事前に調べて、もう1回くらい行ってもいいな。

エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫)

エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫)

*1:久々に目的のある有休取得。

*2:今でも簡単に手に入るのが、作品として恵まれていると思う。

スポンサーリンク