デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ダークナイト ライジング』を観た

正月にお屠蘇気分でようやく観ました。旬はちょっとすぎたけど、感想。
映像面の迫力は、期待通りで素晴らしい。寒さ(と厳しさ・緊張感)を感じる映像作りは個人的に好き。ただ、敵とストーリーが面白くなかった…。敵の正体も観ていてバレバレだし、敵の最後もショボイ! 話のネタも前作『ダークナイト』の天丼かよ、と思ってしまった。
この映画に限らず、お話作り全般に言えることだけど、敵キャラって、やっぱり主役を食うくらいの存在の方が面白いし、その方が主役も結局引き立つよなぁ。味方キャラにしても、無理にキャットウーマンとして出さなくてもなー。
バットマンのビックリドッキリメカは相変わらず最高だったけど、やっぱりストーリーが残念。ストーリーで思い出したが、ラスト付近のあれはナンだ、トゥルーライズ
あと、私はこのシリーズのゴードンが大好きなのですが*1、今回も活躍しすぎなくらい活躍していて笑った。もうゴードンがバットスーツ着たらいいんじゃないか

うーん、これが完結編かー。…もう一本リベンジして欲しいな。

*1:目立たず冴えない様で、スゴ腕・人格者で慕われる人、というのがツボ。

スポンサーリンク