デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー』プラウダ高校のテーマ曲を予想する

第8話のプラウダ戦、プラウダ高校のテーマ曲は何だろうか。サンダース大学付属高校の『リパブリック賛歌』はまさに最高の選曲だったけど*1プラウダ高校ソ連ですな)は案外予想しがたい。所謂「ロシア民謡」で、『カチューシャ』、『ヴォルガの舟歌』、『カリンカ』なんてベタなところでくるのだろうか。ショスタコーヴィチ著作権のこともあるし…と思いながら、今回は予想してみる。

Songs of the World Revolution

Songs of the World Revolution

可能性は低そうだが、個人的には『インターナショナル』を推したい。一応CDも紹介しておこう。演奏は、このメロディアから復刻されているCDの演奏が良い。というか不精で他の演奏を探していない。でも、そのくらい満足しちゃう演奏です。レーニンやトロツキーの演説も収録で、まさに「共産趣味者」のためのCD。
『インターナショナル』の演奏は、ガウク指揮モスクワ放送交響楽団の合唱入りバージョンと、ロジェストヴェンスキー指揮ボリショイ劇場管弦楽団の演奏が入っています。個人的には最高、どちらの演奏も歌い上げが凄くて、高揚感がたまらない。録音状態も良いです。ロジェストヴェンスキーが指揮した演奏は、LPで存在は知っていたが、CDでこんなに良い状態で聴けると思いませんでした。
これが本編で流れたら…と思うが、難しいだろうな。あ、ちなみに「ロシア民謡」だと、『若人の歌』(ドゥナエフスキー)を希望したいが、なんだか8話の予告画像みたら、全体的に暗くて(夜間戦闘か?)雪原で戦っているので、画面と合わないだろうし*2、もう少しメジャーな選曲でくるんだろうな。
…結局何で思いつかなかったんだ、て感じの選曲になる気がしてきた。

*1:このアニメ、サントラも欲しくなってしまった。

*2:『若人の歌』は結構ノリノリな曲なのです。

スポンサーリンク