デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

全てのクラシック音楽を、愛している?

いくらクラシック音楽が好きですHAHAHA、と言いましても、何度聴いても、好きになれない、面白くないと思う曲・演奏というのはやっぱりあります。
ましてその曲・演奏が「名曲」「名演」といわれているのを知ると、「人それぞれじゃねえか」という気持ちよりも、「なぜ俺にはこの曲(演奏)の良さがわからんのだ…、聴き込みか? 曲・演奏背景の理解不足か? それとも自分のオーディオ環境か?」という考えがよぎり、いつか目覚めたときのために聴きもしないCDがゴロゴロしていたりする*1
そんな曲の代表が、リムスキー=コルサコフの交響組曲シェエラザード』。これは本当にいろんなCDを漁ったが、よくわからなかった。アラビアンナイトをテーマにした音楽絵巻? 退屈だなー、の繰り返し。
ところが最近、カルロ・ ポンティ(※ジュニアです)指揮ロシア・ナショナル管弦楽団の演奏を聴いて、やっと音楽絵巻の何たるかを楽しむことができたと思う。
もっとも、これはSACDで聴いたからかも知れない。楽器の音色・音の広がりが素晴らしく、音楽で展開される場面に浸ることができた。あ、でもこういう録音(演奏)、意外と珍しいかもしれない。これは持っている他のCDを聴き直さねば*2
ちなみにカップリングの『スペイン奇想曲』は元々好きな曲でして、こちらはもう少しキレキレの緩急激しい演奏が好きです。でも、このCDに収められている演奏も良い。じっくり演奏して、徐々に盛り上げていく感じです。

シェエラザード』は過去・現在色々な指揮者が取り上げている曲なので、もっとSACD化して欲しい曲のひとつです。

Sheherazade Capricio Espagnol Neapolitan Song

Sheherazade Capricio Espagnol Neapolitan Song

*1:本、映画、アニメ等、他の趣味でも似たようなことはあるんじゃないでしょうか。

*2:このせいで所有欲が刺激され、またCDやDLが増える。

スポンサーリンク