デジタルエンタテイメント断片情報誌

デジタルな話題もそうでない話題も疎らに投稿

『ガールズ&パンツァー』第4話を観ながら作業

考えていた記事とかいろいろ吹っ飛んだので、今日はこの話題だけ。

ガールズ&パンツァー』がすごく面白い。「今のところは〜」なんて言いません。戦車最高。もう1クールと言わず、2期は2クールやってください。

まさか市街戦やるとは思わなんだ。

各チームの個性も立ってきて良い。何が良いって、どのチームも戦車に乗って個性を出してくるのがすごい。生徒会も第1話では、どうなんだ? と思ったが、生徒会長のキャラも悪くないし*1、こんなに話に関わってくるとは思わなかった*2

戦車戦の迫力は十分。こういうの観たかった、という期待通りの画でした。主人公が、才能あるパターンの王道キャラ設定なので、お話映えする派手なチームプレイも今後期待できそう。歴女(カバさんチーム)とバレー部(アヒルさんチーム)の成長も楽しみ。特にバレー部は今回よく頑張った。八九式中戦車も良いけど*3、もっと強い戦車に乗せてあげたい。常々私が推してる61式戦車とかどうよ? さすがにこの面子だとオーバースペックか。
逃亡した一年生(ウサギさんチーム)の行動は、ある意味らしくてアリ*4。始めはああいった行動をした一年生が、この後のお話で大活躍するわけですよ。王道だなー、グヒヒ。

華(あんこうチームは名前憶えました)の家庭問題は、割とあっさり終わらせたな、と思ったが、華のきっぱりした決意は、案外後から主人公(ストーリー)の肝になるのかな、なんて好意的に解釈してしまう始末*5。みほ・沙織・華の友情・思いやり描写とか、このアニメはさりげないところで積み重ねてくるので。

ああーもう1週間長い。

ブルーレイ買いますよ。設定資料集もやっぱり気になるじゃないの。

ガールズ&パンツァー 設定資料集

ガールズ&パンツァー 設定資料集

*1:割と器が大きくて、観ていて不快感がない。良いキャラ作りです。

*2:なので今後、何か複線が出てくるかも知れないですねぇ。

*3:最初は「えぇー八九式?」と思っていたのに、八九式に愛着を感じてきてしまった。

*4:スポ根展開でよくある、この「オイオイお前ら〜」みたいな行動は、今の時期のお話に必要な要素。

*5:もうね、面白いと思ったらそういうもんです。

スポンサーリンク